はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

安心を求めるということ:その裏は?

安心のために、

 

貯金をしたり、

家を買ったり、

車を買ったり、

会社に入ったり、

保険に入ったり、

 

そんなことをする。

 

 

これってどういうこと?

 

安心のために起こす行動って、

何が動機だと思う???

 

 

そう、

不安だよ。

 

不安がつきまとうから、

安心を求めて何かしらの行動をしているんだ。

 

将来に対する、

金銭的な不安が貯金をさせ、保険に入らせ、会社に入らせ、

住居の不安から家を買わせる。

 

そんな感じ。

 

 

それらの行動の動機が全て不安からというわけでは、

もちろんない。

 

家にこだわりがあって、

夢のような家を作りたいって人もいるし、

車が好きでフェラーリが欲しいって人もいていい。

 

 

要注意なのは、

それらの行動の動機が「不安」じゃないか?

ってところだ。

 

もし、

不安を拭うために行動をしているならば、

その行動により不安を強化してしまうこともある。

 

だからね、

本当にその行動したいの?

それして、本当に楽しい?

 

っていまいちど自分に聞いてみて!

 

 

 

これから起こることを予測することはできない。

全てはサプライズだからだ。

 

人生はサプライズ。

 

そこに対して、希望を抱くのか、不安を抱くのか。

 

人生はサプライズ。

絶対に予見できない。

とするならば、希望を抱いたほうがよくないか?

 

もし、今の状況がよくなかったり、

どうしても不安に思うことがあっても別にいい。

 

だけども、

長い目で見たら、人生はあなたに悪いことはしないよ。

むしろ、結果オーライのことばかり。

振り返ると、あの時の経験で今がある。

って思えることっていっぱい在るじゃん!

 

その「あの時の経験」が今なだけだ。

 

だから、なるようになるってさ、

腹くくって流れに身を任せていれば、

きっといいところに連れて行ってくれる。

 

人生は、良い方向に流れている。

それも濁流のように。

おれたちを良い方向に向かわせようと、

ものすごい勢いで流れているのだ。

 

だから、

その強烈な流れに抵抗しないで、

身を委ねてしまえばいい。

つまり、無駄にあれこれ考えないで、

今の気分や直感で決めてしまって構わないということだ。

 

そして、そのときは他人に決定権を持たせず、

自分で決めて自分で責任をとるってことだ。

 

人生では常に自分が主役なんだ。

だから、全てにおいて自分が頂点に君臨している。

 

全ての決断は自分の心に従い自分で行う。

そして、どんな結果になろうと自分で決めたことにたいして、責任を持つ。

言い換えると、人のせいにしない。

自分の人生の主導権を他人に渡しちゃダメよ!

 

だって、自分の人生は自分の好きに生きたいじゃんか?

 

だから、どんなに悩ましい決断でも、自分で決める。

悩ましい決断ほど悩まない。心で気分で決める。

 

決断さえしたくない。逃げてしまいたい。

そんなときは、決断しない。という選択肢もあるということを覚えておいて!

どうしても決断したかったら、テキトーに決めていい。

サイコロで決めていい。

 

だって、

僕らの人生は必ず良い方向に流れているのだから、

あなたのその選択が常に最善であり続けるということだ。

 

短期的には損害をもたらそうとも、

人生というスコープで観たときに、

すべての選択は最善であり続ける。

 

面接官の質問にどう答えようとも、

それで受かろうが受からなかろうが、

その選択と結果は全て最善である。

 

その時々で最も良いものが常に選択され続けている。

自分で決めているようで自分で決めていない。

 

楽しむことや喜ぶこともそうだけど、

悩むことや苦しむことさえ、

自分で体験したくて体験していること。

 

それを選んで僕らは生まれてきたのだ。

 

だから、

今苦しくても、実はこのタイミングでそれをやりたくて、

この世界に生まれてきたってことを思い出して欲しい。

 

この世界は本当に不思議なんだ。

この身体を通して見る世界は、本当に限られた部分しか見えない。

 

それこそ、自分自身を見ることはできないし、

宇宙から送られてくる情報、既にそこに存在している情報の殆どを、

この体は知覚することができない。

 

でも、だからなんだってんだ?

分かる部分を味わい尽くして、人生楽しめばいい。

 

どう足掻こうと、最善の選択がされ続けているのであれば、

その中でどう感じるかが全て。

 

その瞬間瞬間で、自分がどう感じるか?

自分が何を考えるか?

 

そこが人生を楽しむための大切なポイントだ。

 

結局、心で感じる以外に幸せを体験する方法はない。

なにか貰ったとしても、それをもとに幸せだと心が感じないと、

幸せになることはできない。

 

たとえ、どんな状況でも心が幸せだと感じれば、

それは幸せなのだ。誰がなんと言おうと。

 

幸せは自分で決められるし、それは定義されるものではない。

 

幸せって感じたなら、それは幸せとしかいいようがない。

 

 

無理に幸せを感じなくてもいいけど、

幸せはその時々の心の持ちようだということ。

 

だから、特別な条件なんてなにもない。

だれでも幸せになることはできるし、それに気付くだけでOKなの。

 

ちょっと話がそれちゃった。

 

 

安心を求めての行動。

その原動力は不安だよね。

 

だからさ、

安心を求めるんじゃなくて、

もっと楽しみとか喜びとか、

 

シンプルに今やってみたいことを求めて、

行動に移っていったほうがいいんじゃないか?

 

それらの原動力って、

好奇心とか、意欲とか、前向きなエネルギーじゃん。

 

そのエネルギーをもとに走っている車は、

どんどん加速するし、

目的地までしっかり走り続けてくれるよ。

 

行動するときは、

その原動力を、その動機を要チェックだね!!

 

不安が原動力だったら、

きっと途中でガス欠になっちゃう。

そして、車にも悪い影響が在るはず。

 

あなたは車にしたら、高級車だよ。

だから、灯油でなんか走れない。

思いっきりハイオクをチャージして、

思いっきりハイウェイを飛ばして行こう!!

 

 

人生、楽しんでいこう!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー