はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

自立と自活は全く違う

こんにちは!はたらく会議のJUNです。


タイトルの通り自立と自活は似てるようで全く違うと思っています。

例えば、
社会人になって会社に入り給与がもらえ、
それをもとに一人暮らしでもできたら、自立したと言える。

というのが、一般的な考えなのでは?と思います。

でも、ぼくからするとこれは単に「自活」しているに過ぎない。

言い換えると、単に経済的に自分で自分のことをまかなえるようになっただけ。


f:id:hataraku-kaigi:20180930122926j:plain

では、自立とはどういうことか?


ぼくが考える自立というのは、

「自分の感覚を信頼して物事決められるようになること」

です。


2016年に会社をやめて自営業を始め、
さらにそれに挫折し辞めたとき。

それがぼくの自立のきっかけだったように思います。


それまで、自活まではできていた。
自分で稼いで、家やもろもろの支払いが自分でできていた。

でも、自分の人生を歩むに当たり、
判断の軸がいつまでも他人にあったように思います。

他人よりも良い暮らしがしたいとか、
同僚よりも早く昇進してたくさん稼いでやるとか、
知名度やイメージが良い職業でいたいとか、

何かしらの行動の根拠が常に自分の外側にあった。

それは、他人・評価・お金・常識・イメージなどだ。


自分の人生を生きているのに、
いつまでも他人軸で物事を決めていた。


そして、それを辞めたのが2017年。
自分の人生は自分の心で決める。

そういう風に考え方を変えた。

「自分が何をしたいのか?」
「自分は何が好きなのか?」

あくまでも自分を中心にして、
この瞬間、自分はどうしたいのか?
を自分に問いかけて、人生の選択をしていく。

それが「自立」だと、ぼくは思っています。


自立に至るまでの顛末はこっちにも書いてあります。
www.hatarakukaigi.com






#わたしの自立

バナー
Sponsored by CHINTAI

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー