はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

優秀でない部下、を作っているのは自分

はたらく会議のJUNです。


久しぶりに記事書きます。

転職して1年近く経って、
仕事にもなれてきて、思うように仕事も回せるようになりました。

自分の裁量で仕事もコントロールできて、
人間関係も良好で、
忙しいときはあるものの、楽しんで働けています。


ただ、
ちょっと今までにはないストレスが最近増えました。

自分のプロジェクトをもって、
それを成功させていくだけで良かったものの、

最近は、人のプロジェクトも見て、
それを成功させるためのサポートもするようになりました。

でも、
うまくデキる人が自分の下につくわけもなく、
できないから・育てる必要があるから下につくわけです。

だから、
相対的にレベルが低い。

作る資料も汚いし、まとまりもないし、
論理的に考えを整理することもできないし、
それを整理して伝えることもできない。

そして、
周りの人とのコミュニケーションも下手だし、

そもそものタスク管理も、
新卒1年目レベル。

自分よりも歳上なのに、
なんでこんなレベルなのか?


と、
それだけで何故かストレスを感じるわけです。

f:id:hataraku-kaigi:20190211174255j:plain


改めて考えると、
相対的に優秀だから、人が下につく。
一方、できない人だから人の下に尽く。

だから、自分の下に付く人ができないのは、
至極当たり前のことだ。


だから、
自分の部下が自分よりも優秀でない・・・
というのは、ある意味仕方がない。


とはいえ、
きっと自分のできる部分だけを比較して、
自分が勝ってると思っているだけかもしれない。。

きっと、
自分が負けてるところは見ないようにしているのかも。
人には人の良いところ・強いところがあると思うから。


自分のコピーを作っても仕方なくて、
自分にはない強さ・特徴を発見してあげて、そこを伸ばしてあげる。

もちろん、基礎的な部分はあると思うけど、
そうやって個性が活きるようなチームにしていければいいなと思う。


優秀でない部下、を作ってるのは自分。

自分の強い部分だけを比較対象にして、
それと比べて「弱い」という。

そうではなくて、
自分にはないその人らしい「強さ」を見つけてあげる。
そして、そこを伸ばしてあげられれば、
変なストレスも感じないし、
チーム自体も強くなるんだろうなと思いました!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー