はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

小言がおおくなってしまう理由

はたらく会議のJUNです。


最近、色んな人のレビューをすることが増えました。

いろんな成果物を見たり、
MTGに参加したりする機会が増えました。
自分以外のプロジェクトで。



で、
人の成果物を見るとたくさんの指摘・小言を言います。

資料が汚いとか、整理されていないとか、
全然できてない!!って言っています。



振り返ると、レビューの時間中ほとんど喋りまくっている。
笑顔は見せずに、高圧的に詰めている感じ。

相手に対して力を誇示したい!ってわけでもないけれど、
なにか焦りを感じているような、そんな感じです。


なんでだろう?
って思ったら、思い当たるフシが一つありました。

f:id:hataraku-kaigi:20190211174524j:plain


4月から、普通のメンバーからステップアップして、
グループを持つことになります。

で、そのグループはほとんどが年上。
それなりに経験がある人が多い一方で、
結構クセがあったり、ポンコツな人が多い。


まず思ったのは、
グループを持つことに対する恐怖があって、
メンバーが自分よりも能力が低いがために、
うまく回らないのでは?という心配と言う名の思い込みがあるかも。

この思い込みは、無意味。
だって、まだ現実で起こっていないから。
もしかしたら、なんとかなるかもしれないし、ならないかもしれない。
何れにせよ、なるようにしかならない。


次は、評価のはなし。
メンバーがポンコツで、それぞれがプロジェクトを失敗したら、
自分の評価も下がってしまうのでは?というもの。
これもちょっとあるかも。
やっぱり、評価って嫌い。
やる気につながればいいが、
「できなかったらどうしよう?」という恐怖に繋がりやすく、
それによるネガティブな行動にもなりやすいと思う。

最後は、
自分のやりたいことができなくなるのでは?
という心配。

メンバーがポンコツだったら、その世話に時間を取られて、
自分がやりたい仕事ができなくなるかも・・・。っていう心配。

で、これもただの思いこみですね。
今の時点でやりたい仕事ができなくなってるわけではないし、
将来にそうなるなるかもわからない。

後は、これは自分の時間の使い方次第。
本当にやりたいことがあれば、それを最優先にスケジュールを組めばいいだけ!

他人のフォローは後回しにしちゃ駄目、というルールはない。
だから、好きなように時間使えばいいだけ。


はい。
ちょっと距離をおいて見ると、
自分の心配という思い込みを、他人にぶつけていただけかも。
とわかりました。


で、
その不安は自分の中の思い込みだということもわかりました。


なので、
ちょっと小言は辞めてみようかなと。
だって、自分だったら嫌だし。

せっかく作ったものを批判されたり、
他人のやり方を押し付けられたり、
そうやって自分を抑圧されることは嫌。

自分だったら、まず困ってることを聞いてほしいし、それを理解して同情してほしい。
その上で、助けてほしい。
できない自分をどうすれば、できる自分にできるかアドバイスしてほしい。

それを、他人にもやってあげよう。


圧力で人を変えるのではなく、
自主的に変わってもらうように、支援をしていく。

そして、それをやるにしても、
自分のやりたいことを最優先にする。

他人を自分より優先することはしない。

自分のやりたいことをやって、
自分を満足させる。

その後に、他人に気をかけてあげる。


そういう順番でやっていこうかなと思います!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー