はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

SCSKに入社した理由・退職した理由

f:id:hataraku-kaigi:20190929120307p:plain


大学を卒業し、新卒で入社したのがSCSKでした。

もともと大学は商学部だったので、
IT関連の企業に入るなんて、就職活動を始めた当初は夢にも思ってませんでした。

ITなんてよくわからなかったし、全然興味ありませんでした。

むしろ、金融機関や総合商社などを中心に見ていて、
そのへんの大手に就職したいなーとぼんやり思っていました。


入社の理由

それがなぜSCSKに入社することになったのか?というと、
そこしか受からなかったからです!!

当時はわりと就職氷河期でした。
リーマンショック起きて、割とすぐだったので。

で、志望していた金融機関や商社は全滅し、4月に内定ゼロ。
そこから、方向転換してITも受け始め(採用してるのがITくらいだった・・・)、
運良く受かりました。

ただ、内定が出たときはまだSCSKではなく、住商情報システム(SCS)という会社でした。
その後、SCSがCSKを吸収合併し、SCSKになりました。

当時は大学生だったので、仕事内容にワクワクしたりはせず、
住商という知名度や、新しい社屋に対してワクワクしていたのを覚えています。

豊洲フロントというビルにSCSKは入居していますが、とてもきれいなビルです。


退職した理由

退職したのは入社して3年経った頃でした。

仕事にも慣れてきて、できることも増える時期です。
多くの人が3年目くらいで転職を考えるようですが、まさに自分もそうでした。

入社してからITの基礎を学び始め、
基本情報、応用情報といった資格試験も突破し、
Javaを習得し、業務も覚えました。

役割としては、ざっくり言うとSEですが、
プログラムを書いたり、設計したり、テストしたり、
プロジェクトマネジメントしたりと一通りを経験しました。


そんなこんな経験し当時の自分は思いました。

この会社はちょっとぬるいなー

と。


3年経ち、仕事も回せるようになり、周りにも意見できるようになりました。
さらに、運良く炎上案件を担当し、3ヶ月くらい遅れてるのを立て直しました。
当時の自分としては、「自分、デキるな」と思ってました。

周りのおじさんたちとも互角にやっていけると思ってましたし、
むしろ張り合いが無いくらいに思っていました。

旧SCSの人は、やはり財閥系だけあってのんびりしています。

自分の部署には、朝から帰るまでガチで寝てるだけのおじさんがいました。
ドラマではなくリアルにそういう人が身近にいたのも大きかったです。

だれもクビにできず放置されているのをずっと見ていて、ぬるいなと思ってました。


転職に向けて

そんな感じで、3年目らしく調子にのって転職を決意しました。

SCSKに対してはぬるいと感じていたので、逆に振り切りたいと思ってました。
そして、エンジニアではなくもっと上流のコンサルタントになっていきたいとも思ってました。


そこで、大学の先輩でaccentureの人が居たので、相談し紹介してもらうことにしました。
あとは、EYやPwcも受けましたが、結局accentureに行くことにしました。

ただ、accentureもいずれ退職することになります。
accentureでのストーリーはまた今後!!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー