はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

accentureに転職した理由と退職した理由

f:id:hataraku-kaigi:20190907112259j:plain


2014年頃に3年ほど努めたSCSKをやめ、accentureに転職しました。
その後、2年ほど勤めたのちに辞めて自営業になりました。

accentureはなんだかんだ人気企業だと思います。

なので、これからaccentureを志望する人に向けて、
当時なぜ僕はaccenutreに入ったのか?という転職理由と、
なぜaccentureを辞めてしまったのか?という退職理由について書いていきたいと思います。

転職理由

転職しようと思った理由は、次のようなものです。

  • より上流の工程からお客さんの課題解決をする仕事がしたい。
  • バリバリ働いてキャリアアップしていきたい。
  • たくさん稼いで他人よりも良い暮らしをしたい。


正直にいうと、仕事だけでなくお金やブランドという部分も大きかったです。
そのあたりも詳しく書いていこうと思います。

仕事に関する理由

新卒で入ったSCSKで働くうちに、ちょっとぬるいなーと感じていました。

www.hatarakukaigi.com


仕事に慣れて自分でプロジェクトマネジメントもできるようになってきた僕は、
新しい環境でチャレンジをしたいと思っていました。

特に、システムを作るという工程よりももっと上流をやりたいと思っていました。
いわゆるコンサルティングというやつです。

SCSKのようなSIerがやる仕事って、ほとんどがお客さんから

「こういうシステム作って欲しいからお願い!」

って頼まれたものを作るっていう仕事です。


だから、はじめから作るものが概ね決まっています。
もちろん、要件がふわっとしてたりはしますが、課題の特定と解決の方向性は決まっています。

なので、基本的には請け仕事。
来たものを作るという、ともすれば御用聞き的なスタンスになりがちです。


そうではなく、
お客さんが抱える課題の掘り下げや、それをどうやって解決するか?というソリューションの前段に当たる部分を考える。
そんな仕事をしたいがために転職をしようと思っていました。

accentureは外から見たら外資系コンサルティング企業。
そこに行けば、システム開発ではなくいわゆるコンサルタントとして、
お客さんの課題解決そのものを支援できると思って志望しました。


仕事内容以外の理由

accentureに行こうと思った理由は他にもあります。
やはり、給与や知名度も大きなポイントでした。

当時の自分は周りと比べてばかりの人間でした。
同期よりも仕事をデキる人間で在りたかったし、
他の人よりもお金も稼いでいい暮らしをしたいとも思っていました。

いつも、周りと比較して他人よりも上で在りたいと思っていました。

だから、accentureというブランドはとても魅力的に思えました。

給料ももちろん高いし、ネームバリューもある。
それにコンサルタントという響きもかっこいいと思っていたし、
入ったらAMEXのゴールドやプライオリティ・パスがもらえたりするのもいいなーと思っていました。

という、仕事とはなんの関係も無いことですが、
そういったことも転職しようとした理由です。


退職理由

辞めた理由は、

  • 結局システム開発・保守をするはめになり、そこから抜けられなかった
  • そもそも会社員という働き方を変えたかった

というものです。

accentureそのものが嫌になったというよりも、2つ目の働き方をそもそも変えてみたかった。
というのが大きいです。


当時、毎日のルーティンがとてもイヤでした。

混んだ電車に載ってオフィスに向かい、
エレベータの渋滞に並び、
細々とした保守開発をやり、
お昼はいつもの定食を食べ、
それなりに仕事をこなして帰る。

そんなことを繰り返していました。


転職しようと思っていた頃は、
システム開発でなく、もっと上流の課題解決的なことをやりたいと思ってました。

困りごとをヒアリングして、解決策を考え提案する。
そして、その方針に従って必要であればシステム開発もする。

手を動かすよりも、頭を働かせるようなことをしたかったのですが、
現実はそうではありませんでした。


実際、accentureはグローバルIT企業です。
IT企業に勤めてるとわかると思いますが、儲かるのは保守です。
作るよりも、作った後の保守がオイシイところです。

それはaccentureも同じ。

コンサルだけやっている訳では無いのです。


で、
前職の経験から僕の場合は金融系の保守にアサインされました。
行ってみたら大所帯の保守チームで、ふるーいシステムを保守する仕事でした。
せめて新しい技術とかなら良かったのですが、90年代のシステムの面倒をみるという仕事。

理想とはかけ離れててがっかりしたのを覚えています。


そんな状況もあって、心は結構くさってましたね。
アサイン当初はいろいろと改善提案もしてたのですが、
金融系の大所帯ということもあり、なかなか変化は好まれませんでした。

30歳も近くなっていたのもあり、転職するか独立するかを考えていました。


ただ、このルーティンで働くという働き方自体に疑問を持っていたので、
またサラリーマンをやるっていうのは正直イヤだなと思っていました。

なので、accentureで働きながら、独立するための勉強やプランニングをして、
ある程度準備ができた段階で退職しました。


accentureをオススメする理由

ただ、
もしaccentureに転職したい!という相談を受けたら、全力でおすすめします!

僕の場合はアサインされたジョブが合わなかっただけで、
accenture自体は実は好きです。

確かにずっといるような会社では無いです。
入社すると大体の人はそう思って働いてます。
ずっといようなんて人はあったことがありません。

accentureはグローバル企業です。
それは間違いないです。

メールも英語で来るし、社内のシステムも英語だし、
外国人とも普通に絡むし、本当に世界とのつながりがあります。
最初の研修もインド人から受けました。

後は、勉強の場としてとても良いです。
ナレッジは世界で共有されています。英語のものも多いですが。
E-Learningとかも多いし、実務で使われた提案書などもほとんどが共有されています。

そういった大量のナレッジにアクセスできるという環境がさすがだなーと思いました。

普通の企業だったら常に情報共有は課題ですが、
その情報共有が世界レベルで運用されているのはすごいと思います。


仮に、そういったナレッジを使い倒せなくても、
そういった環境に身を置くだけでも良い経験だと思います。

日本の企業では感じられないものがたくさんあります。


ちなみに、accentureを出てると転職のときにもそれだけでオファーが増えます。
なんだかんだ世間の評価は高いようです。
辞めた後もアルムナイとして連絡が来たりもします。

ということも踏まえて、accentureはぜひおすすめです!


なにか質問あればTwitterからDMください!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー