はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

エンジニア未経験向け。SIerやSEを具体的に解説してみたよ!

f:id:hataraku-kaigi:20190909094155j:plain

転職市場でいま売出し中の職種といえばエンジニアです。
エンジニアの募集はたくさんあり、引く手あまたです!

ただ、エンジニアと一言に言ってもその実は多様で、
いろんなエンジニアがいます。

プログラミングを専門にし、システム開発をガッツリやる場合もあれば、
システム設計からテストまで薄く広くやる場合もあれば、
プログラムは書かないけどデータベースやインフラをやる場合もあります。

今回はSIerという業態のエンジニア、いわゆるSEって呼ばれる職種について、
具体的にどんなことやるのか?を書いていきます。


SIerのお仕事

System Integratorの略です。

システムを統合するみたいな意味です。
が、そこの意味は正直どうでも良いです。

SIerがやっているのは、

  • クライアントが出してきた要件を元にシステムを作ること。
  • または、一度作ったシステムの面倒をみていくこと。


の大きく2つです。

上を開発といい、下を保守といいます。

割合としては、下の保守系の仕事が多くを占めます。
今の時代、システムを利用して業務を行うことが一般的です。

なので、新しくシステムを作るということはあまりなく、
既存のシステムをちょっと直していくとか、
そのシステムが日々正常に動くようにメンテナンスするという方が仕事としては多いです。

こういったSIerの案件をこなす現場の人間のことをSEといいます。


SEのお仕事

SEはSystem Engineerの略です。
システムを作る人のことです。

あえて、プログラマーとは呼んでいませんね。
すなわち、彼らの仕事はプログラミングだけでは無いということです。

やる仕事は主に次のとおりです。

  • 要件定義
  • 設計
  • プログラミング
  • テスト

未経験の方だとどうしてもプログラムを書くというイメージが強いと思います。
確かに、プログラムに関する勉強は未経験でも最初にします。
が、業務の比重としては実はそこまで高くありません。


SEがもっともよく使うツールはEXCELです。
EXCELを使ってのドキュメント作成が多くの時間を占めます。

例えば、
要件定義であれば、まずはお客さんの要望を整理します。
そのときにEXCELを使って情報を整理したりします。

設計でも、同様に要件定義の内容をシステムに落とし込むために、
EXCELを使って情報を整理します。

テストでも同様で・・・・。

という感じで、

SEがやっていることは、

システムを作るために必要な情報を整理して、
EXCELを使ってドキュメントに落とし込む作業です。

なので、プログラムがかけなくても実は成立するような仕事です。

ただ、前提知識として
「プログラム言語によってシステムがどのように作られるのか?」
を知っていないと、
「何がシステム開発に必要な情報なのか?」
がわからないので、ある程度システム開発の知識は必要です。


でも、
1からJavaがかけないとダメなのでは?と思っている人がいればそれは間違っています。
そんなエンジニアはめったにいません。


PL・PMのお仕事

ついでにSEの先にある仕事についてもお話します。

だいたいSEとして就職するとその先のキャリアとしては、
PLになりPMになっていくという登り方をします。


PLはProject Leader
PMはProject Manager

本当はLeaderとManagerは役割がぜんぜん違うのですが、
この業界ではそこは意識しなくていいです。


PLは小規模チームの管理者。
PMはプロジェクト全体の管理者。
という意味です。ただの規模の違いを示しているだけです。


SEをやっていくと、だんだんと管理側のタスクが増えていきます。

最初はシステムの設計とかテストとかの細かいタスクを覚えます。
次第に、システム開発の全体がわかってくるので、そしたらメンバーにそれらのタスクを与える立場になります。

PL・PMになると、主にタスク分担やスケジュール作成をし、メンバーに仕事を振ります。
そして、そのタスクの進捗や品質に問題が無いかを管理していく。
というようなことをやります。

なので、
作ること自体が大好きな人にはちょっと向いてないかもしれません。
SIerでキャリアを積むと大体がPL・PMを目指すことになります。

でも、自分は違うなーと言う場合は転職をしたほうがいいですね。
作ることが大好きなら、アプリを作っている会社の内製エンジニアとかになる方が良いです。
例えば、サイバーエージェントとか楽天とかそういう自分のサービスを持っているところです。


その後のキャリア

SIerでPMをやれるようになったら次はどうすればよいか?

SIerでPMまでくると、次は単なる管理職になっていきます。
課長とか部長とかとう言う感じ。

職種という意味でのキャリアアップは止まってしまいます。


なので、SIerからは抜ける必要がありますが、
だいたい次のような職種に行くことが多いです。

  • ITコンサルタント
  • 社内SE
  • 企画

ITコンサルというのはaccentureやPwCなどのコンサルファームのことです。
accentureだと大きすぎるのであれですが、より上流でクライアントの課題解決の支援がしたい場合は、
ITコンサルになるのがおすすめです。
後は、システム開発って受け身になりがちなので、
どういうシステムを作ればよいか?ってのをはじめの段階から考えたいならITコンサルはぴったりです。


次に社内SEです。
これになると今後はSIerに発注する立場になります。
やることはITコンサルに近いです。社内の課題を拾い上げてシステムによって解決する。ってのをやります。
ITコンサルはなんかカッコイイ感じはしますが、結局これも請け仕事です。
クライアントからの制約の中で仕事をします。

ただ、社内SEの場合は自社の課題解決なのでその制約が少ないです。
なので、より自由に働きたいなら社内SEの方がおすすめです。


最後に、企画です。
これはざっくりしていますが、事業企画や経営企画などの職種のことでです。
ダイレクトにシステム開発のナレッジが活きるイメージは無いかもしれませんが、
意外とというか、かなり活きます。

企画系に行くと、やることは情報の整理をして、計画を建てることです。
企画系の人ってだいたいが営業出身とかなので、整理が苦手です。
なのでSEをしていた整理上手が活躍しやすいポジションです。

後は、最近の企画はデータをよく扱います。BIとかがそうですね。
そのときにSQL(データベースを弄る言語のこと)を使えると、すぐにヒーローになれます。

もし、作ることだけでなく事業全体を改善したり、新しいものを作りたいという場合は、
企画職にチャレンジするのも良いと思います。


ちなみに、
自分の場合はSEからPMになり、その後ITコンサルになり、
社内SEになり企画という感じで進んできています。

SE時代に学んだことが今でも活きています!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー