はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

クックパッドと同じく求人サイト離れもありうるか・・・。

f:id:hataraku-kaigi:20191005225111j:plain


クックパッド。もうオワコンになってしまうのか??


www.moneypost.jp


たまに使っているけど、たしかにレシピは多いね。
例えば、味玉を作りたいけどレシピ多すぎ。

どれが一番美味しくて、ハズレが無いのか?
って観点で探そうとしたとき、結局誰が著名な人のレシピか、
評価が高そうなものを選びたくなるのはよく分かる。


求人サイトも同じ末路か・・・?

同じように、求人サイトもたくさんの求人で溢れかえっている。
例えば、エンジニアになりたいとしても、エンジニアの求人はたくさんあります。


で、
結局どの会社のエンジニア職が自分にあってるのか?
ブラックではなく、待遇がよく働きやすいのか?

ってのを知ろうとしたら、
確かに企業の金で出稿された広告よりも、
Twitterや転職会議などの口コミを見てしまうのはよーくわかる。



昔は情報が限られてました。
紙媒体だったから、紙面が限られてた。
それに、昔のアーカイブなんて見れなかった。

だから、情報が多いことは良しとされていたのだけど、
今はもう逆になってきているのかもね。


経験のアーカイブ

情報が少なすぎるのもだめだけど、多すぎるのもだめ。
自分で取捨選択ができる範囲を超えた時点で、だめ。

自分で決められないほどの情報に対面したら、
過去に経験済みの「誰か」の判断に頼る。

過去に自分と同じような状況になって、何かしらの選択をした「誰か」の話を聞く。
転職であれば、過去にその企業に入社した人の話だったり、
過去にその企業と迷って別の企業に入社した人の話だったり。


だから、
これからはそういった「経験のアーカイブ」が求められていくのかもしれませんね。


似たような迷いを過去に経験した人のリアルな情報は、
今の自分にとって重要な参考情報になる。

そして、その経験をした人がどういう人か?というのも同時に大切で、
その経験のアーカイブが信用できるか?ってのが、情報を拾う上での重要な判断軸になる。

最近はお金=信用という人もいますが、
やはり信用というのは大事。ま、当たり前だけど。

特に、ネット上で信用をわかりやすく可視化できているとなお良しですね。
今だと、プロフィールやシェアの数、いいねの数くらいしか判断ポイントが無いけど、
今後はもっと信用を可視化するすべは増えていくと思う。


・・・・ただね、
信用ってすべて数値化して表現できるか?って言ったら、
それはそれでまた違うような気もするけどね。

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー