はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

学歴・職歴フィルターの真実

f:id:hataraku-kaigi:20191006185557j:plain


転職は実務経験が大事。って聞きますよね?

てことは、
どんな大学だったかとか、
どんな会社だったかとかは、
あんまり関係無し。

って思ってませんか?


残念なことに、無関係ではありません。

なんだかんだ、学歴と職歴は転職活動に影響を与えます。

てことで、
転職においてどんな場面で学歴や職歴が効いてくるのか?をまとめていきます。


フィルターはあるにはある

やっぱり、
実務経験だけで人事は求職者の皆さんを評価しきることはできません。

で、特に学歴や職歴を考慮されてしまうのは、面接前までの段階です。

企業からのオファー(DMなど)や書類選考です。


やはり、リクナビやマイナビといった転職サイトに求人広告を出したあと、
誰に対してDMを出すのか?というとき、学歴はいっていのフィルターになりえます。
ただ、すべての企業が設定するか?といえばそうでもないですが。


それから、ビズリーチなどのヘッドハンティング系の転職サービスだともっと露骨で、
「accentureにいたあなたへ」的なメッセージが沢山とどきました。

やはり、それなりの知名度の企業にいたかによって、
降ってくる求人の質も異なってきます。


プラスに働くくらい

ただ、
学歴や職歴が良いということはプラスに働くけれど、
それがなかったとしてもマイナスになることはありません。

ただの加点要素という感じです。


だから、低学歴だからダメというよりは、
高学歴はちょっと出会える求人の幅が広がる。くらいです。


面接まで行ってしまえば、それこそ実務経験+人柄+相性で合否が決まります。

いくらスペックが高くても、面接官=将来の上司とソリが合わなければ落ちます。


最終的には相性だし、求職者側としても相性で選んでほしいなと思っています。

ちなみに、accentureに入ったときも、別にみんな高学歴・有名企業出身か?といわれれば、そうではなかったです。


ということで、
学歴・職歴というのは転職活動において、確かにフィルターとして機能します。

ただ、新卒のときのようにあからさまな足切りというよりも、
加点要素としてのフィルターと言う感じです。

なので、
そこまで意識せずとも良い、というのが結論です。


最後は相性だから。
あんまり、スペックのことは気にしなくて良し!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー