はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

たった1%の人しかしていない面接のコツとは?

f:id:hataraku-kaigi:20191007210724j:plain


面接って、面接官があなたを評価する場だと思ってませんか?

だとしたら、
転職の面接スキルとしてはまだ不十分です。


転職活動では、企業が人を募集して、企業が内定を出す。
だから、相対的に企業のほうが上の立場で、僕ら求職者は下の立場。
って認識しがちです。

だから、
企業の理念とかミッションとか調べたり、
求められる素養を調べたりして、
(実際は興味ないのに)アピールしてみたり。

そうやって、
猫かぶって、虚勢を張って面接を「攻略」しようとします。


でも、
あなたが今入った会社もそうやって面接を突破して入社して、
結果として「なんか違う・・・」ってなってるのでは??

そしたら、
その面接の攻略法はもしかしたら間違ってるのかもしれません。

ここでは改めて面接ってどういう場か?
面接ってどうやれば成功できるのか?
を考えていきたいと思います。


あなたも面接官

まず、
前提としてあなたも面接官だという自覚を持ってほしいです。


面接とは、対面で両者が話し合う場です。
なんか、企業が一方的にチェックをする場のようになってますが、
主導権が企業側の面接官にあると思い込んでるのはあなた自身です。


面接の場に出てくるのは、たいてい将来の上司。
最終面接であれば、もっと将来の上司(になるかもしれない人)です。

であれば、
こちらとしても有能な人であるか?や、
人間的に信頼できるか、
入社後にうまが合うかなど、
あらゆる観点でチェックを行っていきましょう。


そもそも、
転職したいと思う理由って、
お金か人間関係がほとんどです。

お金であれば、副業とか別で稼げば補填できますが、
人間関係の場合は異動か退職しか是正する手段がありません

なので、
特に人間関係という観点で、将来の上司と合うか合わないかは非常に重要な観点です。


転職で仕事を選ぶ際は、
給与や仕事内容、勤務地などの条件面に目が行きがちです。

でも、
面接という場では、その条件ではなく近い将来一緒に働くであろう人間を、
こちらも評価すべきです。
この人間は上司として問題ないか?を厳しい目でジャッジすべきです。

実際、面接官も同じような観点であなたを見ています。



直感を大事にしよう

もし仮に、ちょっと猫かぶって相手に合わせて面接を突破した結果、
合格したとします。


調べた限り、その企業の仕事内容や給与は自分としては魅力的。
ただ、面接官だった人間は傲慢で、愛想が悪い。自分とはちょっと相性が悪そう。


こんなとき、どんな判断を下しますか?


けっこう悩むと思います。
お金や仕事内容ってやっぱりすごい大事です。
お金は生活がかかってるし、仕事内容は自分の能力発揮と関連します。

でも、
毎日その相性が悪い上司と会い、その人から評価されるってのも嫌だ。



こんなとき、僕からのアドバイスは直感を信じることです。

頭で考えれば考えるほど、お金や仕事内容を優先すると思います。

でもそれって直感的には嫌だと思っているけど、
やっぱり給料もいいし、仕事内容も魅力的だからオファーを受けよう。

という思考の順番。


ってことは、本心は一番最初に感じた「嫌だ」という部分ですよね?


心のそこでは嫌だと思ってる。
でも、お金がいいから・・・・とか
でも、仕事内容がいいから・・・とか
後付けで言い訳をしてごまかしている。



転職は人生の大事な決断です。
言い訳とかごまかしとかしないで、自分の心に素直に従ってほしいなと思います。


僕としては、
仕事内容やお金も大事だとは思います。
でも、毎日楽しくストレスが少ない環境で、働けるほうが良いと思っています。

いくらお金がもらえても、仕事内容が素晴らしくても、
心を壊してしまったら元も子もありません。
心や体が最も大事。

だから、
どうか打算的になりすぎず、直感に従って面接官をジャッジして、
自分をごまかさず選択をしてもらえたらと思います。

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー