はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

転職したら出世は諦めたほうがいい理由

f:id:hataraku-kaigi:20191013134615j:plain


これから転職する人はもしかしたら、
転職すると出世が遅くなる。って聞いたことがあるかもしれません。


自分の場合、2回ほど転職してます。
なので、そこでの出世事情についてお話したいと思います。


出世の仕組み

僕が転職で入ったのはaccentureと今の会社の2つです。
どちらも、転職組が多い会社です。

マネージャー以上を見た場合、転職組でも出世できているのか?
というと、ちょっと微妙です。


出世するには、当たり前ですが成果を出す必要があります。

で、その「成果」ってのが厄介で、
会社員として会社のために成果をだすってなったときに重要になるのが、
会社での人脈と、会社の知識です。


まず、
成果を出すってなったとき、たいてい多くの人を巻き込んでなにかPJTをやる場合が多いです。
もしくは、古い慣習をガラッと変えるとか。
そういった場合、多くの協力者が必要ですし、そのために人脈は大事になってきます。

人は、論理では動きません。だから正論を振りかざしてもダメで、
たいてい「何を言ったか?」よりも「誰が言ったか?」のほうが大事になります。

その誰が言ったか?のが、最近入ったらしい社員だと人を説得するには物足りなく、
みんなから「あいつが言ったなら・・・」と納得してもらうには時間が必要になります。


次に、会社の知識について。
これは、自社の商品とか社内ルールや社内の業務フロー、システムについての知識です。
例えば、エンジニアとしてプログラムを書くとかであれば、このあたりの知識はいりません。

でも、要件を決めたりなどの上流に行けば行くほど、社内でしか通用しない知識が必要になります。
外から来た人ではわからない、その会社特有の知識です。

そういう細々したものを知ってないと、そもそも成果を出すためのPJTの立ち上げもできないし、
最適なソリューションまで行き着くことは難しいです。ただの一般論だけではPJTの成功はありません。


ということで、
中途で入った場合、過去の経験で活躍できることも多いと思います。
でも、出世していくとなると、その会社でしか通用しない人脈と知識が必要になり、
確かに不利にはなります。



転職は入り口が大事

実際、僕が経験してきた会社でもそうです。
中途で入って、上に上り詰める人は少ないです。

順当に出世していくには、それなりに長い時間がかかります。
人脈と会社の知識を学んで、成果を積んでいく必要があるから。


ただ、上のポジションが全員新卒上がりか?というとそうでもないです。
中途入社組もいます。

しかし、そういった人ははじめからそのポジションにいます。
はじめから、マネージャー以上のポジションで入社しています。


だから、転職の場合は出世して上に上り詰めるより、
過去の実績をもとに今よりも上のポジションで内定を取ることが大事なのです。

転職の場合は、そういう意味でショートカットができるイメージです。
じっくり上り詰めるというのには向いていません。

ある程度、汎用的なスキルや実績が積めたら、
いまよりも良いポジションに移るってのが、セオリーでしょう。


転職に求めるものは人それぞれです。
ただ、お金とか肩書とかを求める人であれば、
今と同等、もしくは下のポジションに移ると、
今以上に出世には時間がかかると見たほうが良いでしょう。

そうであれば、
今よりも高い給与、ポジションを妥協せずに狙っていくことが大事です!

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー