はたらく会議 | 自分らしい転職をしよう

自分らしい転職をしよう

そもそもやりたいことなんてない、という人へ。

f:id:hataraku-kaigi:20191021072519j:plain


自分らしい転職をしよう。

って掲げてますが、
その自分らしい転職ってものはなんなのか?

もし、
「やりたいこと」が決まってるなら、それに突き進むのは確かに自分らしい転職だろうなって思います。


ただね、
自分もそうだったけど、
「やりたいこと」なんてそうそうない。

そもそも、
「やりたいこと」なんて考えたこともない。
って人も多いかと思います。

かくいう自分もそうでした。


会社に勤めてると、評価という制度がありますよね。
評価されて、給与が決まる。肩書が決まる。

だから、
やりたいことよりも「やるべきこと」をやるようになる。


言い換えると、周りが求めてることばかりやるようになる。

評価で言えば、昇格に必要な要素を磨くようになり、
事業成長で言えば、いま会社に必要な分野の仕事にフォーカスし、
キャリアアップで言えば、今後伸びそうな分野について勉強を始めたりする。


そうしているうちに、
「やりたいこと」という自分視点から、
「やるべきこと」という他人視点が強くなる。

すると、
転職を考えるときも、必然的に他人視点になってしまう。
自分がやりたいこと、こうなっていきたいという自分視点・自分軸で仕事が探せなくなる。


そして、

  • 最近流行りの職はなにか?とか、
  • 今後成長が見込める仕事はなにか?とか、
  • AIに代替されない仕事はなにか?とか、
  • 給与とか、
  • 今後のキャリアに役に立ちそうとか、

そんな「条件」ばかりを気にしてしまう。


いつまでたっても打算的で、
他人軸な仕事選びになってしまう。


会社員って怖いなーとつくづく思います。
評価によって給与や肩書が決まっていくから、
周りに合わせる必要性が生まれてくる。

そして、それが日々の主軸になってしまったら、
そこからは自分のためではなく、他人や会社のために働くことになる。


それに慣れてしまうと、
自分の「やりたいこと」なんていつの間にか忘れてしまう。



だから、転職は必要だ。


こういうときじゃないと、「やりたいこと」なんて考えるチャンスはない。
そして今回こそ「やりたいこと」を掴んでほしい。



それでもなお「やりたいこと」なんてわからない。
って人も多いはず。


そしたら、
まずは「やりたいくないこと」を知るところから始めよう。


転職するからにはやりたくないことはあるはず。

次の仕事ではこれはやりたくないってことを洗い出そう。
そして、本当にそれはやらない、って決めよう。


例えば、プログラミングやテストなどの細かい仕事はしたくない!
って決めるとする。

でも、仕事を探していると、
給与や将来性からするとプログラマーは結構よさそうに見えてきたりもする。

そこで、自分の本音と戦ってほしい。

  • 本当にその仕事は自分の「やりたくないこと」ではないのか?
  • お金に目がくらんで、また「やりたくないこと」を続けることにはならないのか?
  • 将来性とかうまいこと言ってまた「やりたくないこと」をやる我慢の日々がはじまるのか?


求人にはいろんな条件とかうまいことが書いてある。
でも、自分の本音を優先してほしい。直感を信じてほしい。

「やりたいこと」はわからなくてもいい。
でも「やりたくないこと」はもう辞めてほしい。

やりたくない、つらい、嫌い。
そんなことに時間を使うことは辞めてほしい。

せっかくの人生なんだから、楽しいことに時間を使ってほしい。
充実した時間を過ごしてほしい。


お金とか、知名度とか、世間体とか、将来性とか、
そんなものを言い訳にして、
我慢を続けるのを辞めにしてほしい。


今回の転職では、
完全に自分視点で仕事を選んでほしい。

まずは「やりたくないこと」を選ばないところからでいい。
できれば「やりたいこと」を選んでほしい。

そうやって、自分視点・自分軸で、
自分の本音に向き合って、それに応えること。


それが、僕が考える自分らしい転職です。


はたらく会議のJunがおすすめする転職サービスです。

Copyright 2019 はたらく会議  プライバシーポリシー