はたらく会議 | 自分らしい"はたらく"をみつけよう

自分らしい"はたらく"をみつけよう

自由になるために捨てるべき3つの仕事の常識

f:id:hataraku-kaigi:20200114202414j:plain


連休の最終日になると、
明日から仕事行きたくないなぁ、と嘆いてる人もいるかと思う。
サラリーマンというもの、カレンダーには逆らえない。

できることなら休みたい!
もっとゆっくりしていたい!

かくいう自分も、かつてそんな風に思ってた1人だ。

でも、今は違う。
仕事は自分の中で遊びみたいなもんで、
会社に行くのも遊びに行くような感じだ。

では、
なんでこんなにも仕事に対する捉え方が違うのか?

それは、仕事に対する思い込みが違うからなんだ。

ここからは、きっとみんな持っているだろう、
そして、完全に捨てるべき仕事に対する思い込みを書いていく。

この思い込みを捨てられるだけで、
仕事に対するモチベーションは大きく変わり、
周りの社畜のおっさんとは違う充実した人生を手にできるはずだ!

思い込み①:仕事=就職

まず、仕事をするということは、就職している。
と同義に捉えてる人がほとんどだと思う。

どっかの会社に雇用され、給料と引き換えに自分の大切な時間と体力を差し出す。

そんな取引のうえで行う活動が仕事だと。


だが、それは間違っている。


別に就職して雇われてることが、仕事の前提ではないよ。

だから、
今の仕事がつらいとか、やりたいことを仕事にしたいとか思うんだったら、転職だけが選択肢じゃない。

会社員という井戸の外にも世界があることを知ろう!

思い込み②:仕事はお金のため

これも間違ってる。
ほとんどの人はサラリーマンだろうけど、
これはたまたま会社との契約の中で、働いたらお金を貰えるという仕組みになってるだけだ。

その仕組みの中にいるとだんだん頭がおかしくなってきて、
お金のために仕事をするって感覚になってしまう。

お金は目的ではない。結果だ。

だから、本来の目的は別にあるべきだし、
その目的を見出せないのならそれは仕事ではない。

仕事とは、相手を喜ばせることを通じて、自分が喜びを感じることだ。

喜びが目的になる方が人生は楽しくなる!

思い込み③:仕事は苦行

喜びが目的になっていれば、仕事はつらいわけがない。

目的が間違ってるから、仕事がつらくなるんだ。


いま、仕事は苦行と思っているなら、
それはお金が目的になっているんだと思う。

お金というのが唯一無二の存在で、
それの奴隷になってしまっている。

お金をなんとしても稼がないといけないから、
辛くても仕事をこなさないといけない。


みんなそうやって人生歩んでるんでしょ?
それが常識でしょ?

と思っているなら、全くの大間違いだ。

常識ってのは、単なる思い込みだ。
「みんなも同じように思っている」と単に自分が思い込んでいること。
それを常識って言うんだよ。

で、
仕事は苦行というのも単なる思い込みだ。

仕事を楽しくやってる人は、自分も含めていくらでもいる。

3つの思い込みを捨てよう

タイトルには常識という言葉をあえて使っているけど、
それは思い込みのこと。

これまで書いてきた3つの思い込みは今すぐ捨ててほしい。

  1. 仕事=就職
  2. 仕事はお金のため
  3. 仕事は苦行

思い込みってのは、洗脳に近しいもので正直捨てるのはとても難しい。
頭でわかっていても、染み付いてしまってる。

でも、少しずつでいいから考えが変わってくると嬉しい。

考え方が変われば、行動が変わってくる。
行動が変われば、結果も自ずと変わってくる。

最終的には、小手先のテクニックよりも、
内面の変化を起こすことが本質的な変化になる。

3つの思い込みを捨てて、もっと自由になろう!

Copyright 2020 はたらく会議  プライバシーポリシー